Python × ZaifAPI 取引時間をハックするプログラム【資産情報取得編】

2017年10月28日

▼プログラミングスキルへを身に着けて独立しよう!▼


f:id:kichie_com:20171024234711p:plain

 

※zaifがハッキングされ、ガタガタな状態になってしまったので、bitmexで取引をすることを強くお勧めします。

 

前回の続き

前回無事BTCを注文することができたので、無事買えたかどうかのチェックをします。

前回のおさらい

こんにちは、きちえです。

# APIを使えるようにする
from zaifapi import ZaifPublicApi
zaif_public = ZaifPublicApi() 
btc_jpy = int(zaif_public.last_price('btc_jpy')["last_price"]) #ここをint型へ変換したよ

from zaifapi import ZaifTradeApi
KEY = "Zaifで取得したkeyをコピペ"
SECRET = "Zaifで取得したsecretをコピペ"
zaif_trade = ZaifTradeApi(KEY,SECRET)
zaif_trade.trade(currency_pair="btc_jpy", action="bid", price=btc_jpy, amount=0.005)
print("買った値段:"+str(btc_jpy))
print("買った量:"+str(btc_amount))

ここまでです。

まずはいらないコードはコメントアウト

今回は注文はしないので注文をするコードはコメントアウトします。
ついでにわかりやすいように整理します。

from zaifapi import ZaifPublicApi
from zaifapi import ZaifTradeApi
# あまり変更しない変数は上の方へ
KEY = "Zaifで取得したkeyをコピペ"
SECRET = "Zaifで取得したsecretをコピペ"
zaif_public = ZaifPublicApi() 
zaif_trade = ZaifTradeApi(KEY,SECRET)

btc_jpy = int(zaif_public.last_price('btc_jpy')["last_price"]) 
# zaif_trade.trade(currency_pair="btc_jpy", action="bid", price=btc_jpy, amount=0.005)
# print("買った値段:"+str(btc_jpy))
# print("買った量:"+str(btc_amount))

自分の資産情報をゲットする

今回は簡単に一行追加するだけです。

実行コード

from zaifapi import ZaifPublicApi
from zaifapi import ZaifTradeApi
# あまり変更しない変数は上の方へ
KEY = "Zaifで取得したkeyをコピペ"
SECRET = "Zaifで取得したsecretをコピペ"
zaif_public = ZaifPublicApi()
zaif_trade = ZaifTradeApi(KEY,SECRET)

.
.

####    追加したコード    ####
print(zaif_trade.get_info2())

実行結果

{'server_time': 1508855402, 'open_orders': 0, 'funds': {'btc': 0.01000221, 'jpy': 3602.76417652, 'mona': 0.0, 'ZAIF': 61915.5, 'xem': 0.109}, 'rights': {'info': 1, 'id_info': 1, 'personal_info': 1, 'withdraw': 1, 'trade': 1}, 'deposit': {'btc': 0.01000221, 'mona': 0.0, 'xem': 0.109, 'jpy': 3602.76417652, 'ZAIF': 61915.5}}

fundsやopen_ordersなどが返ってきました。

返ってきた情報の意味

公式ページに載っている通り、

キー 詳細
funds 資産の残高 dict
deposit 資産の残高に注文情報を加味したもの dict
rights キーが保持している権限 dict
open_orders アクティブな注文数 int
server_time UNIX時間で換算された日本時間 int

get_info — Zaif api document v1.1.1 ドキュメント

 

今回は持っているビットコインの枚数について知りたいので、取得していきます。

持っている BTCを取得する

実行コード

from zaifapi import ZaifPublicApi
from zaifapi import ZaifTradeApi
# あまり変更しない変数は上の方へ
KEY = "Zaifで取得したkeyをコピペ"
SECRET = "Zaifで取得したsecretをコピペ"
zaif_public = ZaifPublicApi()
zaif_trade = ZaifTradeApi(KEY,SECRET)


print(zaif_trade.get_info2()['funds']['btc']) # 返ってきた値のfunds、btcにフォーカスしたよ

実行結果

0.01000221

きました!

そしてサイトと確認
仮想通貨取引所・販売所 – Zaif
上の方に載ってます。
f:id:kichie_com:20171024234126p:plain

 

同じですね!

以上!

Zaifの自動トレードプログラム書いたら10%利益出たからそのプログラムを載せてみる

もっと実践的なプログラミングスキルをつけたい方はTECH::CAMPで!無料体験!

質問もすぐにできて、効率よく勉強できるノウハウがあるから時間のないあなたにおすすめ! 公式サイトはこちらから