運営者情報

こんにちは、このブログ「- テクあそ – テクノロジーであそぼ!」を運営しています、吉江 勇亮と申します!
普段は「きちえ(@kichie_dev)」という名前で活動しています。

なぜこのブログを運営しているのか?

私は、「個人の興味を後押しし、挑戦できる環境へ」という思いでこのブログを運営しています。

というのも、昔から「頼れる仲間がいない時に頼れる存在は、インターネット上の記事や仲間だった」からです。

私は地方出身で、何かに挑戦しようと思った時でも、なかなか同じようなことをしたいと言ってくれる仲間勉強会集まりなどを見つけることが出来ずに、一人で頑張るしかありませんでした。

しかし、そんな時にインターネットが非常に役にたちました。

ゲームの攻略法を知るのもそうですし、受験勉強のマインドセットを学んだり、勉強する仲間や今では仕事をする仲間もネット(SNS)で繋がった方々です。

僕にとってインターネットは、人生の先導者といっても過言ではないくらい、非常に頼りになる存在だったのです。

でも、そのような記事やアプリってなんであるか?と言われたら、誰かがそれらの知見や情報をインターネット上に公開してくれたからこそ知れたことですよね。

そんな人に憧れて私はブログを始めました。

私の書いた記事が、一人でもお役に立てたら嬉しいです。

運営者プロフィール

プロフィール
吉江勇亮 – Yusuke Yoshie –
通称 きちえ(@kichie_dev)
「テクノロジーであそぼ!」運営者
1996年生まれ。群馬県出身。
小学生の頃からパソコンに触れ始め、面白さを知る。PSPやDS、iPhoneの「裏ワザ」が大好きでインターネットを駆使していろんなことを調べては遊んでいた。
大学に入ってから独学で、iPhoneアプリの作り方を学ぶが挫折。しかし、大学2年の時にプログラミング熱が再燃しiPhoneアプリ「Redialer:自動リダイアルでチケットゲット!」をリリースし、1.7万DL達成する。しかしまた、iPhoneのアップデートにより使用不可能になりクローズ。その後、web開発もやりたいと「TECH::CAMP」を受講。
自分の技術を生かして、仕事をしたいと思い、地元のweb開発会社でインターンをし、WordPressを用いたweb開発に従事。並行して、スタートアップ立ち上げのiOSエンジニア兼プロダクトマネージャーとして仕事を引き受ける。
現在は「CodeGrowther」として、エンジニア特化のメンターマッチングサイトの開発準備中である。

今まで作ったもの

初めて作ったアプリ「Redialer」

私はプログラミングに触れ始めたのは大学生の頃です。

最初はSwiftに触れて、iPhoneのアプリを作っていました。
初めてリリースしたものは、姉の要望を受けて「Redialer:自動リダイアルでチケットゲット!」というものを作りました。
参考 もうチケットが取れなくて泣くことはない!「Redialer:チケット申し込み特化型自動リダイヤル!」

姉はジャニーズが好きで、電話応募の時に何百回も電話をかけていたんですよ笑

それをみて、「プログラミングって自動化が得意だから、工夫すればいけるんじゃね?」と思って作ってみました!

そしたら、需要があったのか、1万7000DLを達成して、密かに喜んでいました笑

アイコンをSnowやinstagramに寄せたのをいまでも覚えています。

リリースしてないものでは、麻雀の点数計算アプリや、シューティングのゲームを作ってました。

webアプリ開発

ブログに興味をもち、特定サイトのキーワードをあぶり出すというサイトを作成。

参考 キーワードあぶり出し!

指定サイトをバックでスクレイピングをしてその結果を出力しているというもの。

言語はRubyでRailsを使って開発しました。

 

仮想通貨自動売買bot

仮想通貨ブームに合わせて、仮想通貨自動売買bot

言語はPythonです。

ハッカソンなど大会関連

Web×IoT メイカーズチャレンジ 2017にて、現状一方通行である、学校の授業を双方向にするようなデバイスを作り最優秀賞をいただきました。

先生側にはLEDライトとwebサイトを表示して生徒達のリアルタイムアンケートが届くように。

生徒側には、授業の速度を届けられるよう、車のアクセルのようなボタンを使ってアンケートに答える仕組みがあります。さらに、カメラがあり、生徒の感情が顔認識によって先生側に匿名で届くような仕組みになっています。

同時にぐんまプログラミングアワードにもオブザーバとして参加させて頂き、Progate賞も頂きました。

Progate代表の加藤 將倫さんともお話しでき、非常に良い経験でした。

現在作っているもの

現在は「CodeGrowther」というエンジニア向けのメンターマッチングサービスを開発準備しております。

今エンジニアって初心者のためのサービスって非常に多いんですよね。

Progateやドットインストール、Aidemyなどなど、一種のエンジニアブームとも言われていますが、初心者のバックアップは非常に手厚いのです。

しかし、中級者くらいになってくると、急に頼れるサービスがGoogleで検索するくらいしかいなくなってくるのです。

それゆえ、リードエンジニアと言われる方も少なく、人手不足などから、DB設計やライブラリ選定など相談できず、煩わしさを感じている、エンジニアの方が多くいらっしゃいます。

これから、IT人材はどんどん不足していくと言われている中で、「趣味程度ではかけるけど、仕事にできないエンジニア」が増えています。

実は起業家界隈では、「エンジニアを連れてきてからでないとITサービスの開発の相談は乗らない」と噂されるほど少ないのです。

実際にゴリゴリ開発できる人が少ないのでは、世界的に遅れている日本のIT産業発達には貢献できません。

そこで、初心者〜中級者のエンジニアをグッと上に引っ張り上げてくれるようなエンジニアとマッチングできるサービスを開発しています。

ご興味のある方は下記ページをのぞいてみてください。

CodeGrowtherをのぞいてみる

 

開発するのであれば、役に立つものを作りたいので、実際に働いているエンジニアの方に困っていることのインタビューをしています。

ご興味いただける方はぜひTwitterよりDMお待ちしています。