TypeError: ‘str’ object is not callableの治し方

こんにちは、きちえです。

今回はPythonでのTypeErrorと言うバグの対処法を解説します。

TypeError: ‘str’ object is not callableの出るコード

main.py

if __name__=='__main__':
    str = """sushi habanero yasai juice time
    howdy! it's sunny day! """
    age = 21
    name = 'tomo'
    
    print(str)
    print(name,str(21))
ターミナルの表示

  File "/Users/", line 20, in <module>
>> print(name,str(21))
TypeError: 'str' object is not callable

原因

Stringに変換するstrではなくstrと言うオブジェクト(変数)が呼び出されているためにエラーが発生している

解決策

変数名を変える

main.py

if __name__=='__main__':
    text = """sushi habanero yasai juice time
    howdy! it's sunny day! """
    age = 21
    name = 'tomo'
    
    print(text)
    print(name,str(21))

もしこれでも治らない場合

統合開発環境のspyderやターミナルから扱えるインタラクティブシェルなどで使用している場合strと言う変数が保存されて、まだ残っているために、同じエラーが出る可能性があります。

その場合は一度実行しているそのプログラムを閉じて、すべての変数がクリアされている状態から始めると治る可能性があります。

プログラミングが得意なあなたにおすすめ

最近のエンジニアの界隈ではプログラミングで仮想通貨のトレードをして、お金を稼ぐ、「自動売買」が流行っています。

会社に属して毎朝満員電車で通勤すること、納期に迫られて仕事をこなすこと、に飽き飽きしている。しかしプログラミングは好き

そんな方々が注目しているのが「Pythonを使った自動売買プログラムの開発」

この流れに乗ってみてはいかがでしょうか?

仮想通貨の自動売買と取引所ごとのPythonプログラムを解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です