【Bitcoin x 過去の値動き】ビットコインで見る過去との比較

f:id:kichie_com:20180114193810p:plain

ビットコインはバブルとして終わりを迎えるのか?

現在ビットコインはバブルであると言われています。
これがいる終わりを迎えるのか、はたまたバブルは崩壊しないのかそれは誰にもわかりません。
ですから、仮想通貨にお金を投入している私たちは、今後どうなるのか分析することがリスクを知る上でも良いと考えております。

インフルエンサーの多くはこのまま売ることはなくホールドをし続ける

仮想通貨に投資をしているインフルエンサーの多くはこのまま売ることはなくホールドをし続けるという意思の方が多く見受けられます。
ハードウォレットなどの仮想通貨の取り出しに時間がかかる物を利用して暴落の際に売らないようにしている人もいるくらいです。
しかし、現在は暴落するのではないかとの懸念が多く示されており、不安材料が多く見受けられます。

草コインの大量発生

草コインもカンブリア爆発のように非常に多く誕生しており、価値のないものまでも噂で価格が上がってしまうものもあります。

そこで儲かればそれは正しい答えとなるのかもしれませんが、高値づかみをした際には資産が半分、それ以下になってしまうこともかなりの確率であるでしょう。

ですからそのような事態にならないよう分析は怠るべきではないでしょう

過去の値動きから今後を予想する

以下現時点での日付に対して過去のビットコインの値動きはどのくらいの変動率であったのかを一覧でならべたグラフになります。

2013-2014

f:id:kichie_com:20180114191343p:plain

2014-2015

f:id:kichie_com:20180114191347p:plain

2015-2016

f:id:kichie_com:20180114191351p:plain

まとめ

これらのグラフをどう見るかはそれぞれの主観によりますが、自分自身で分析することは非常に重要です。

そして仮想通貨において理解を深めることそれこそがバブル崩壊が起こらないために必要なことだと考えております。